公民館総合補償制度のご案内

公民館活動の安心安全を目指して実施する公民館総合補償制度のご案内です。ぜひこの機会にご検討ください。
パンフレット(平成27年度版/平成27年5月1日〜平成28年5月1日)
※公民館総合補償制度について、本会または引受保険会社、取扱代理店以外で説明資料等を作成された場合、当該資料等に起因するトラブルにつきましては本会では責任を負いかねます。

   

【結果発表】第5回「全国公民館報コンクール」

【結果発表】第5回「全国公民館報コンクール」
これからの時代は、自らの取り組みや諸事業等を積極的にPRしていくことがきわめて大切です。そこで、公民館の広報活動向上のために、公民館報のコンクールを実施しています。

→気になる結果はコチラ

【重要】平成26年4月1日以降の消費税対応について

【月刊公民館/第一法規から購入となります】
定価/600円→617円(いずれも本体価格571円)
年間購読料の送料/76円→78円
年間購読料/8,112円→8,340円※(617円+78円)×12号
(注)バックナンバーも同様です。
【各種専門書】
定価/本体価格+消費税(5%→8%)/例:税込み2,100円→2,160円
送料/420円→432円
代引手数料/315円→324円
【公民館総合補償制度】
掛金は、非課税取引です。→国税庁「非課税となる取引」

(終了しました)リアル熟議

「熟議in公民館プロジェクト2012-2013」
「1.多くの当事者(保護者、教員、地域住民等)が集まって、」「2.課題について学習・熟慮し、議論をすることにより、」「3.互いの立場や果たすべき役割への理解が深まるとともに、」「4.解決策が洗練され、」「5.個々人が納得して自分の役割を果たすようになる、」〜(熟議カケアイウェブサイトより

公民館で熟議しませんか。→詳しくはこちら →実績一覧